海老名市議のLGBT問題発言。当事者意識危機感ゼロの日本人にとって、チャンスかもしれない。

トピックス 15年12月01日 18時40分
このエントリーをはてなブックマークに追加
海老名市議によるLGBTへの差別発言が波紋を呼んでいます。各方面から非難する声が挙がっていますが一方で、


「思っていても口にだすな」
「差別はしないけど賛成もしない」
「同性愛者は異常であることは間違いないが」
「同性愛者は正常とは思えない」

yahooニュースのコメント欄より



などという、暗にLGBT批判の立場をとるずるいコメントが多いのも事実。
同性愛は異常ではないと、医学的にも言われているのにまだ知らない人が多いですね〜。


当事者意識が足りないニッポンジン。あなただってLGBTになるかもしれないのに


大人になって十数年たってから、あなたのLGBTが芽を出す可能性があることは以前、
大人になって性的指向は変わるのか?でも書きましたので
呼んでくださいね。

あと、あなたの子供がLGBTで悩んでるかもしれない話もどうぞ。

批判するのも自由という人がいますが、そういう人に言いたい。
あなたのその考え方で、あなた自身やお子さん、大事な人が傷つくブーメランを放ってるんですよ?
人を苦しめることが好きなドSの方々?自分が会社や社会から認められない、満たされないから無駄に攻撃的になってるんでしょうね〜。

無駄に悩むことはないですが、もう少し当事者意識を持ちましょう。

交通事故もそう、病気や事故で寝たきり、障害者になることだってそう。誰だって可能性があるんです。

あなたの上司がゲイだったらどうするんですかね?お仕事クビになっちゃいますよ?
最期あなたの面倒を見るのはお子さんなんですけどね〜。
(たねの)