中学生や高校生のお子さんがいる方へ。それでもまだ批判するの?あなたのお子さんもLGBTかもしれないんですよ?

悩み相談まとめ 15年11月30日 19時05分
このエントリーをはてなブックマークに追加
当サイトには色々な年代、さまざまな立場の方からのご相談が寄せられます。
中でも心がシュンとなるのは、学生さんからのお悩み相談。
例えば下記のようなものです。


僕は高校二年生の男子です。男子ですが、たぶん男子が好きです。(中略)
僕はなかなかそれが受け入れられなくて悩んでいました。親に孫の顔見せてやりたいとか、でも女の子のことは好きになれないし、毎日そればっかり考えてくよくよしていました。
あやちんさんへ。ありがとうございました。より



高校生二年生といえば17歳。孫の顔見せてあげたい。だけど女の子は好きになれないと、「親は孫の顔がみたいだろう」と、人の気持ちが感じとれる思いやりのある子だからこそ、悩んでしまう。

ちょっと想像してみてくださいよ。

そろそろ彼女ができる友達も増える年頃。そういう友人同士の女の子の話はなんとなくごまかして。家に帰れば親の顔みて、もう孫の心配をしてしまう。

テレビやネットでは、同年代だけじゃなく親世代おじいちゃん世代からも発せられる同性愛者気持ち悪い、という声。

四面楚歌ですよね。

そりゃ親だって人の子。まさか自分の子供が同性愛者なんて想像すらしないでしょう。
だからといって、LGBT批判を口にするのはブーメランかもしれない、とどうして思い至らないのか不思議でなりません。

いくら法的な整備がされたところで、人の気持ちは一朝一夕では変わらないと思っています。

しかしねえ。

下記のように目の前のお子さんや家族や親友があなたの一言でズタボロに傷ついているんですよ。それでもLGBTを頑なに否定するんですか?

男子高校生
女子高生
女子中学生

(たねの)